ミニプラス 2009 VOL.30

’65 AUSTIN MINI COOPER 1275S Mk1すべてのミニファンが夢見る究極のモデル

ミニプラス 2009 VOL.30

ミニに限ったことではないが、ビンテージモデルを所有することは、クルマを趣味とする人たちにとっての憧れのひとつだ。現代のクルマにはないスタイルは所有する満足度も高く、さらにそのクルマを自分のセンスで仕上げていく喜びは、まさにクルマ趣味の醍醐味といえよう。
ミニのなかでも特別な存在であるクーパーSは、ミニファンにとって究極ともいえる1台。一見すると内外装ともにノーマルの上級仕様とあまり違わないし、わずかにエンブレムにあるSの文字でしかクーパーと識別できない。しかし、サーキットにおけるレースのためのチューニングが施されたエンジンは、ほかのミニとはまったくの別物で、モンテカルロで伝説的な勝利をあげたのもこのクーパーSであった。そんな輝かしいイメージを大切に、現代でもその走りを存分に堪能することをコンセプトにキッチリ仕上げられたのが「ガレージ・ルーフ」のクーパーSだ。内外装、機関ともにフルレストアが施され、当時の雰囲気をいまに伝えている。クーパーS中、唯一のロングストロークである1275ccユニットは、トルクフルで非常に扱いやすい。
このクルマには純正のHS2SUツインキャブよりもひと回り大きいHS4SUツインキャブが装着され、走行性能のアップデートが図られている。ビンテージの雰囲気を壊すことなく、現代でも通用するストレスフリーなパフォーマンスが与えれているのだ。

Mini Story

「クーパーS」は1071ccのエンジンと、より大型のディスクブレーキを特徴とし、1964年8月のモデルチェンジまでに約4000台が生産された。当初A型エンジンの排気量UPは1071ccが限界と見られていたが、ダウントン社のダニエル・リッチモンドがボア・ピッチをずらして1275ccまで拡大する手法を考案、イシゴニス、クーパー、リッチモンドの歴史的な3者会談により、量産型の1275クーパーSの計画がスタートした。量産に際して、サーキット・レースのクラス分けに合致した970ccと1275ccのふたつのモデルを新たに追加、970ccモデルはあまり売れず、65年に生産中止となったが、1275ccの「クーパーS」は4万台以上が生産され、1971年に生産終了となった。

ミニプラス 2009 VOL.27

’93 CAGIVA MOKE 希少なハードトップをまとったカジバ・モーク

ミニプラス 2009 VOL.27

ミニの5番手のバリエーションモデルとして1964年8月に登場したミニ・モーク。もともとは軍用自動車として開発されたわけだが、ロードクリアランスが低すぎたため英国軍の採用は見送られたにもかかわらず、そのままお蔵入りする事なく多目的自動車として開発が決定された。 レクリエーショナル・ビーグルの未来を先取ったBMCの彗眼は賞賛に値するが、珍奇な車は短命に終わるというセオリーどおり68年に英国での生産は中止となる。しかしモークをノックダウン生産していたレイランド・オーストラリアが、改良型となる「ビックモーク」のライセンス生産を続け、さらに90年にはイタリアのカジバ社が販売権を獲得し、96年まで生産が続けられ、30年にもおよぶ足跡を自動車史に残した。写真のモークは、カジバ製のポルトガル工場で生産されたモデル。スタイルも機関もオーストラリア製の「ビック・モーク」を踏襲し、ボディ以外の多くはミニと共通のパーツが使用されている。

Mini Story

イタリアのオートバイメーカー「カジバ」製モークの生産期間は’90〜’96年までの7年間。英国製ミニ・モークと大きく異なるのは、12インチ化された足まわりと幌骨だ。 英国製モークは幌骨が折りたためてフルオープンにすることができるが、カジバ製モークではロールバーと一体化され高い安全性を確保している。そのほかテールランプや給油口、フロントパネルなどのディテールデザインも異なる。エンジンはオーストラリア製のビッグ・モークと同様の 1098ccが搭載されていた。

カジバ製になってクーラーが装着され快適になった室内。英国製モークにはなかったバックミラーだが、カジバ・モークでは標準装備となった。カジバ・モークの足は12インチが標準だが、このクルマは10インチ化されている。コスミックのアルミとダンロップ G5の組み合わせだ。ブラックで精悍なイメージのフォルム。
英国製モークの可倒式幌骨は、カジバ製ではロールバー一体固定式となった。ハードトップモデルは希少だ。
オリジナルは998ccと1098ccが存在するが、このクルマは1300ccのチューニングエンジンにSUキャブが組み合わされている。

ミニプラス 2007 VOL.20

国産車、中古輸入車ショップを経て念願のミニショップを開業

ミニプラス 2007 VOL.20

常磐線「佐和駅」からクルマで数分。県道沿いに20台ものミニがズラリと並んだショップがある。この「ガレージルーフ」はオープンしてまだ2年だが、地元茨城県のミニ乗りたちのハートをがっちりとつかんでいると評判のお店だ。週末はもちろん、平日でも夜になるとミニ乗りたちが毎日集まってくるという。ショップオーナーの山田一弘さんは32歳の成年社長。幼い頃からとにかくクルマが好きで、両親に写真を撮ってもらう時も、わざわざクルマと一緒に撮って欲しいとせがむ様な子だったという。「クルマへの愛情が冷めることはなかったですね。20歳の時に古物商の免許をとったのも、30歳になったら自分でお店を持つと決心していたからなんです。」と山田さん。その夢は現実となり、30歳で「ガレージルーフ」をオープンした山田さんだが、将来ミニを扱うようになるとは思わなかったという。「最初は国産車のショップに勤めました。クルマも色々乗り換えてはイジってました。特に国産車のドレスアップに熱中して、ずいぶんお金も使いましたね。その頃から輸入車にも興味が出てきたんですが、なにしろ茨城には輸入車ショップが少なく、まわりに乗っている人間もほとんどいませんでしたね。」その後、御代の輸入ショップの求人広告を見つけて24歳のときに転職をする。そこはミニ、アルファロメオ、プジョー、ルノー、フェラーリなどの輸入車全般を扱うという店で、仕入れ、フロント、メカニック、営業とひと通りの業務を担当した。「そのお店に勤め始めて初めて輸入車を買ったんですが、それがミニだったんです。当時はミニに特別な思い入れがあったわけじゃないんですが、メカ的にも分かりやすいクルマだと思ってましたから、輸入車を扱う上で勉強にもなると思って。そうしていろいろイジっていると面白くなってきたわけです。僕はもともとドレスアップからスタートしたわけですが、ミニはドレスアップに加えてメカをいじれる奥深い楽しさもありますからね。ミニにはまって、僕が求めていたものはこれだったんだと思いましたね。」と山田さん。そのお店に6年勤めた後、30歳の時に設立した。「最初は前のお店の流れでイタ車なども扱っていたのですが、お店を初めて2?3ヶ月でミニだけになりましたね(笑)」自分で乗る為にクルマを作って、結果的にそれを見たお客さんに乞われて販売することが多いという山田さんのカスタマイズに対する考え方はとてもユニークだ。「クルマを見たときに完成形イメージはだいたい決まります。とことんクラシックにオリジナルを追求する時もあれば、クラシックなテイストにレーシーなフォルムとエンジンを組み合わせたりすることもあります。どんな仕様に仕上げるにせよ、程度のいいマーク1やマーク2が少なくなってきているので、もし良いクルマがあったらキチンと仕上げて後々まで残していきたいという願望はずっとありますね。」さわやかな笑顔で話す山田さんのお店には今宵も地元茨城県のミニ乗りたちが集まってくる。

ミニプラス 2007 VOL.19

’64 MORRIS MINI COOPER 1275S ’64年式モーリス・ミニクーパー1275S

ミニプラス 2007 VOL.19

オーバーフェンダーに極太ホイールでワイドとレッド化。さらにネガティブキャンバーでハの時を切ったアグレッシブなスタイリングは、ミニにとっては定番のフォルム。とはいっても、それがクーパーSとなると、その印象はちょっと違ってくる。というのも、クーパーSの場合、チューニングの方向としてオーバーフェンダーレスのナローボディーが主流となっているからだ。ノーマル然としたスタイリングが前提と考えられる傾向が強いモデルといえるのだ。そんなクーパーSの定番に、敢えて違ったイメージを投影したのがガレージルーフ。6.5Jフェンダーに7Jホイールを組み合わせ、さらにネガティブキャンバーを効かせるという、グラマラスなボディを作り上げているのだ。ミニはボディを作り込む車ではなく、フェンダーやホイール、タイヤといった部分で個性を際だたせる車だけに、クーパーSをベースにしていても、こういった仕上げにチャレンジするのも納得。セオリーに捕われるのではなく、オーナーのイメージで思い通りに仕上げる”脱定番”も、ミニ本来の楽しみ方のひとつといえるのだ。

Mini Story

ボリューム感のあるスタイリングはもちろん、このフォルムに合わせたエンジンチューンも見どころのひとつ。あくまでもコンペティションモデルとして位置づけられるクーパーSではあるものの、現代ではストリートユースがメインと考えられる。そこでストロークアップで1380ccまで排気量をあげ、トルク重視のエンジンが組まれているという。使用するパーツはクロモリ製の軽量フライホイールやオメガ製ピストンといったパフォーマンスアップには欠かせない定番アイテムを投入。ミッションもクロスの5速を搭載し、街乗りでの快適性を追求しているというわけだ。定番と脱定番の2面性を持つガレージルーフ独自のクーパーSに仕上げられているのだ。 ~ Owner ~ 茨城県ひたちなか市に位置するスペシャルショップ。自社工場を構える事で、スタイリングからエンジンチューン、デイリーメンテナンスまで幅広い対応をみせている。

ミニスペシャルショップ コンプリートガイド

ビギナーにも安心して乗ってもらうためのサービスを実施

ミニスペシャルショップ コンプリートガイド

ガレージ ルーフは創業4年と比較的新しいお店だがすでに地元のミニ乗りたちのハートをガッチリとつかんでいる。週末はもちろん平日でも夜になると仕事帰りのお客さんがミニ談義を楽しんでいる光景からもよくわかる。そんなガレージ ルーフの売りは、常時35台を越える豊富な在庫車とレストアの仕上げの良さだ。「販売車をレストアする場合ですが、クルマを初めて見たときに、完成形のイメージはほぼ決まります。オリジナル重視でいくか、それともレーシーなフォルムとエンジンを組み合わせるか。そして、スタイルに合わせてボディカラーや内装をリフレッシュして自家用として乗っていると、お客さんから売って欲しいとなるケースもけっこう多いですね」と語る代表の山田一弘さん。ミニ以外にもイタリア車を中心に輸入車を扱ってきた経験が、ミニのカスタマイズにも独自性をもたらしているようだ。ガレージ ルーフでは、アフターのメンテナンスにも力を入れている。プロのメカニックがその場で愛車をチェックしてくれる「RUFクイック無料点検」は、しっかりあなたのミニを診断してくれるので、ビギナーにも心強いサービスとなっている。いつでもベストコンディションのミニに乗ってもらいたいという、ユーザーフレンドリーなプロショップなのだ。なお、チューニングやエンジン脱着などの重整備からパーツ取り付けなどの軽整備まで、作業はすべて自社ガレージで行われる。